桧家の木材

桧家と言っているだけあり、桧を使った家になります。
でも全てではありません。

土台やメインの柱は全て芯ありの桧4寸角を使っています。

年輪がよくわかります。
桧は育つのがゆっくりだから年輪が細かいそうです。
ゆえに、密度が高い=じょうぶ とのこと。



土台は結構ゴツいです。
基礎と土台の間は「密閉パッキン」を使っています。
最近は「通気パッキン」を用いる場合が多いですが、どちらが良いのでしょうね?
桧家は基礎上まで吹き付け断熱材(アクアフォーム)を敷くので、
通気よりも断熱性をとったかたちになります。

おいおい、またおまえか(笑)

1階部分

なぜかちゃっかり宣伝のようなスタンプが。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク