Z1100R:リアブレーキのカスタム

バイク屋さんに預けていた1100Rが戻ってきました!
リアブレーキ周りの作業をお願いしていました。

作業は今回もbig-Rさんに依頼しています。いつもお世話になっております!

・キャリパー交換(ブレンボ新カニ
・キャリパーサポート交換(スピードショップイトウ製
・ディスクローター 交換(サンスター純正リプレース品)
・ブレーキホース交換(ステンメッシュホース)
・純正トルクロッド加工(150タイヤが入るように削る+塗装)
・その他、ブレーキとは関係ない細かい作業を少々

中には自分でもできる作業もありますが部品の加工などもあったため、まるっとお願いしていました。結果↓のようになりました。

交換前の姿はこちら↓ 純正キャリパーもなかなかよかったですよ。

今回付けたブレンボキャリパーは赤いロゴがちょっと主張し過ぎかなと思いましたが、フロントのキャリパーに合わせチタンカラーのブレンボにしました。
(後から知りましたがブラックキャリパーならロゴがシルバーで主張が少ない)

↓フロントキャリパーのロゴは赤い文字

今回、ブレーキサポートもフロントに合わせてスピードショップイトウ製にしました。J系でもワンオフ製作せずにボルトオンのパーツが揃うって素晴らしいですよね!!
しかもラインナップが数種類あったのでブラック塗装のSTDタイプを選びました。こちらは受注生産のようで発注から3週間ほどかかりました。

なんだかんだこの1年で足回りのリフレッシュが進みました。
10万キロを超えた36年物のバイクが現行パーツで延命できています。笑

使ってみた感想

人の少ない日曜日の午前中ということもあり、ブレーキの調子見がてら外苑のイチョウ並木まで走ってきました。片道10キロ少々。

・・・イチョウの葉は既に散ってました。先週が見頃だったかな?

肝心のリアブレーキですが制動力・コントロール性ともに良好です。
キャリパー が純正よりも小さくなったので制動力が落ちるかと思っていましたが、そうでもなかったです。

若干ながら純正キャリパーの方が制動力は高かったように感じますが、コントロール性はブレンボの方が良いので、トータルでは新しくしたブレーキ周りの方が良いです。

もしかすると、純正キャリパー でもディスクローター やパッドを最新にして、キャリパーもオーバーホールすればそれなりに改善できるかもしれませんが、変えてみたかったというのもあるので良しとします。笑

総走行距離:105,500km

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. かいちょ~ より:

    さすがアキオちゃんとこのお店だね~
    あの時代のリヤブレーキはフロントを補う意味もあるのか
    メッチャ効くよね。GPzもかなり効くから。
    フロントとお揃いでいいんでない!

  2. みずいろ より:

    サポートの出来栄えはホント素晴らしいですね!
    ディスクローター外周ギリギリのところまでパッドが当たっているのでブレーキ性能は十分引き出せていると思います。
    ブレンボの新カニはレーシングキャリパーではないのでダストシールもあってズボラな自分にとっては都合の良いキャリパーだったりします。笑