ウェイク:ディスクローター のサビ取り・塗装

車両購入時にディスクローターは新品に交換してもらっていました。
ブレーキの効きは安定していて制動力もタッチも満足しています。ただ、メーカー不明の社外品のためサビが酷くて見た目が気になっていました。

サビで真っ赤っか。まだ半年も使ってないのにね。

ということでサビを落として塗装してみることにしました。

600番のサンドペーパーで磨いてみました。根気よくゴシゴシしているうちに、下地が見えるくらいサビは取れてきました。

完璧を求めてもキリがないのでサビ取りは程々にしておきます。この後、パーツクリーナーで脱脂して、耐熱塗料でパッドの当たり面以外を塗っていきます。

色は艶消しブラックです。だいぶ前に買っておいた塗料が余っていたので残り物の棚卸しも兼ねてます。

どれくらい持つか耐久性は分かりませんが、これで少し見栄えがよくなることでしょう。

真っ赤なサビがが見えなくなって、黒で引き締まりました。
(機能的には変わらないので完全に自己満足)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク