ブログサーバー再構築 CentOS7.2(1511)

足の怪我でほとんど外に遊びにいけないので、

このブログを動かしているサーバーを再構築しました。

今回はハードウェア的な入れ替えは全くなく、

OS含むソフトウェア全般の総入れ替えです。

メインとなるLinuxOSはCentOS7.2(1511)

ミドルウェア周りはApache2.4、PHP7.0、MySQL5.7という組み合わせです。

Nginxを使っても良いしMariaDBを使っても良かったのですが、

近々仕事で使う環境に近い方が良いと思い、選びました。

入れ替え作業は、節目ごとにVMのスナップショットを撮りながら進めました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-22-1-19-27

いろいろ調べながら作業したので、だいぶ時間をかけましたが、

VMのスナップショットは本当に便利ですね。

失敗しても直前の工程に戻れるのはありがたいです。

作業手順

・基本パッケージインストール

 

・ホストネーム記述

sshdの初期設定

・時刻

・ハードウェアクロック

SELinuxの停止

vmware-toolsインストール

OS再起動

■外部リポジトリ登録

・外部リポジトリ達を登録(epelremi

#epelCentOS7標準リポジトリから入れられます。

■ミドルウェア

Apache2.4

MySQL5.7

PHP7

依存関係

まるっとインストール

Apache再起動して設定反映

firewalld設定

sysstatを1分単位にする

Cronメールの無効化

Git

gitバージョンアップ(yumをアンインストールして最新版をソースで入れる)


参考にさせていただいたサイト

https://adan.jp.net/blog/program/1235

https://blog.apar.jp/linux/3798/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク