KLE250アネーロ

Kawasaki KLE250 ANHELO アネーロ

dsc02338

レアな250ccデュアルパーパス車:1995年製
アネーロのエンジンは水冷並列ツインです。パラツインってやつですね。

ZZR250や初期のエリミ250と同系列エンジンになります。

もともと40psのエンジンですがなぜかアネーロは35psに抑えられてしまってます。

エンジン特性を低速寄りにチューンしているのかなと思いきや、低回転時のトルクはスカスカで高回転域で伸びがあるエンジンです。

なお、同系列のエンジンで最強なのはGPX250Rの45psのようです。 ※2016年11月11日追記

当時売れなかったおかげで、今では立派な「珍古車」でございます。

最近、大型でアドベンチャーモデルが流行ってますが、その小さいバージョンですね。

2015年頃に出していれば売れたかもしれません。

出す時代が早すぎたんですよ、きっと。

※2016年11月11日 追記

どうやら2017年あたりでレアなデュアルパーパスではなくなりそうです

(カワサキVersys250やスズキV-Strom250が発売予定!!)




アネーロについてインプレなど

・普段大型に乗っているのでとても軽く感じます

・足付き性が非常に良く、またがった状態で両足かかとベッタリで膝も曲がります(身長177cm)

・エンジン音が独特で、ギア鳴きのような高い音がします 高速走行時はジェット機かと思います

・燃費は20〜25km/L 満タンからリザーブ直前までで200km走るのが限界でした 9L減った時点でリザーブに切り替える必要あり

・中古車相場は激安の10万円台後半からありますが、美車はそこそこします ウチのは本体26万円で6,800km走行のとても程度の良い車両(恐らく室内保管車)を選びました。

・時速60km/hで5,000rpmトップギア、パワーバンドの10,000rpmで120km/h、レッドゾーンが13,000rpm〜

・250ccにしてはパワフルで体重100kgの人間が運転しても時速150km巡航できます(一般公道では制限時速守ってね!)

・意外とヘッドライト明るいです。

・横から見ると250ccとは思えない大きさ 前後から見るとやはり細い

・エンジンの掛かりがあまり良くない 少々アクセルワークにコツが必要
(後日バッテリーを充電したらそこそこ改善しました)

・長時間渋滞にハマると水温警告等が点灯することがある 走り出せば消えます

・オフ車ほどではないが、長時間はしるとケツが痛くなります

・改造する気があまりない人にオススメ

・大型バイクとも同じようなペースでツーリングできます(ぶっ飛ばさなければ)

・峠道の下り坂なら大型よりも速いことも!?

・1週間の北海道ツーリングも快適でした。2,000km以上走りました。

・フラットダートなら普通に突っ込めます。

・旅バイク万歳!!

DSC02447 DSC02275

dsc02430 kle250ダート

ライバル車種

販売当時のライバル車種といえば!

・ホンダ:AX-1 シングルエンジン 小ぶりなので乗る人を選ばない 燃費◎

・ヤマハ:TDR250 2ストなので加速最強! アドレナリン出まくります。

・スズキ:あったっけ???

いずれも、物珍しいバイクになってしまいましたが、

そんなバイクが揃うと ↓こんな感じになります(笑)

img_0569

img_0565

仲間内だけで揃ってしまうのが不気味ですね〜


変更点 カスタムってほどではないです

・ETC取り付け(別体タイプです)

MITSUBAの車載機は薄型でスッキリしていてオススメです。
日本無線の車載機だと大きくて、書類・工具ケースには入れ辛いと思います。

・時計

アネーロ時計

100円の腕時計。100均ので十分(笑)


■オイル

今使っているのはカストロールのPOWER1 4T 10w-40です。部分合成油ですね。

今までは同じカストロールのActive 4Tでしたが、ギアの入りがすぐ悪くなるので、1ランク上げることにしました。

ランクアップしているのに、AmazonではPOWER1 4Tが安い!!

販売数が多いからか!?

この値段ならジャブジャブ交換していけば良いでしょう!


■カタログスペック

価格・基本情報

標準車両本体価格(東京地区) 449,000円
車名 カワサキ KLE250アネーロ
型式 LE250A

寸法・重量

全長 2150mm
全幅 825mm
全高 1165mm
軸距 1445mm
最低地上高 190mm
シート高 805mm
乾燥重量 146kg
定員 2名

エンジン

タイプ 水冷4ストローク2気筒
型式
冷却方式 水冷
バルブ方式 DOHC8バルブ
総排気量 248cc
圧縮比 12.4
内径(ボア) 62.0mm
行程(ストローク) 41.2mm
燃料供給方式 キャブレター
キャブレター等形式 KEIHIN CVK30×2
点火方式 フルトランジスタ
潤滑方式 ウェットサンプ
潤滑油容量 – L
始動方式 セルスターター
燃料タンク容量 12.0L

性能

最高出力 35ps / 11000rpm
最大トルク 2.4kg・m / 10000rpm
燃費 43.0km/L

動力伝達装置

クラッチ型式 湿式多板
変速機型式 常噛6段リターン
変速比 1速 / 2.600 2速 / 1.789 3速 / 1.409 4速 / 1.160 5速 / 1.000 6速 / 0.892 後退 / −
1次減速比 3.458
2次減速比 3.071

車体関係

フレーム型式 ダブルクレードル
キャスター / トレール 27度 / 104mm
タイヤサイズ(前) 3.00-21 51S
タイヤサイズ(後) 120/80-17 61S
ブレーキ(前) シングルディスク280mm(外径)
ブレーキ(後) シングルディスク230mm(外径)
懸架方式(前) テレスコピック(インナーチューブ径38mm)
懸架方式(後) スイングアーム(ユニ・トラック)

装備、色

ワンタッチクラッチレバー調整
ワンタッチブレーキレバー調整
燃料計
ツイントリップメーター
時計
ハザードランプ
盗難防止装置
ヘルメット収納スペース
ブルー14


■写真