霞ヶ浦サイクリング 佐原~土浦

2日続けて、折り畳み自転車を担いで輪行サイクリング。

最近、バイクネタが無くて恐縮です

—–

今日のスタートは、家から3分ほどの京成関屋駅。

京成線は成田空港に向かう乗客が多いので、

自転車輪行袋を持っていても何ら違和感なく気楽です。

途中、成田でJR(鹿島線かな)に乗り換えて佐原駅に到着!

この電車、昼間は1時間半に1本なので、乗り継ぎを失敗すると退屈な時間を過ごすことになります。

今日は余裕な20分待ちの乗り継ぎでした。

利根川を渡る水郷大橋からの風景。

曇り空で肌寒い天候でしたが、雨は降らなくて良かったですよ。

この橋を渡って、そのままR51沿いを走り、R355と交差する地点についたところで、

ようやく霞ヶ浦サイクリングロードが始まります。

今回は、時間の都合もあって半周する計画ですが、それでも40km以上あります。

途中、工事中のため通行止め区間があり、

思わぬところで迂回することになり、かなりのタイムロスとなりました。

この工事ですが、東日本大震災の影響のようで、

一部崩れた湖岸の堤防修復作業とのこと。

日が暮れ始める時間で、ようやく中間地点

「霞ヶ浦大橋」に到着しました。

橋の隣にある道の駅「たまつくり」で、かなり遅めの昼食。

メンチカツとワカサギフライの定食を注文。

はるばるやってきた土地だったので、

地元の食材を使った料理が食べることができて良かったです。

—–

この先は、暗くなってきたので、ひたすら土浦に向けてペースを上げて走りました。

土浦駅着が18時45分。ココから常磐線に乗って、

最寄りの北千住駅に着いたのが20時でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク